HOME > 事業・施設案内 > 循環型社会の構築のために
資源循環サービスネットワーク
医療廃棄物総合管理サービス低濃度PCB廃棄物処理
サーマルリサイクルプラント
マテリアルリサイクルプラント
汚泥・スラッジ処理プラント
ひらかれたリサイクルセンターを目指して バーチャル施設案内
循環型社会の構築のために
産業廃棄物処理業の優良性の判断に係る情報開示

GE2号炉設置事業に係る事後調査報告書の公表
循環型社会の構築のために



循環型社会の構築のために

 持続可能な資源循環型社会を実現するためには、産業活動から出るすべての廃棄物をほかの分野の原料にリサイクルし、廃棄物ゼロを目指す「ゼロエミッション」を進めることが必要です。

 しかしながら、「ゼロエミッション」はリサイクル施設に処理を任せているだけで達成できるものではありません。排出業者である企業の皆様方が、日ごろから廃棄物の削減に努めるとともに、分別回収を徹底し、リサイクル率向上に寄与していくことが不可欠です。分別回収を推進することは、回収品目ごとの回収量の把握に繋がり、ゼロエミッション目標達成に向けて、緻密に計画を立てることを可能にします。

また、「ゼロエミッション」の達成にあたっては、資源の3R(リデュース、リユース、リサイクル)の徹底がキーポイントだといえます。梱包材削減などによるリデュース(省資源化)、商品納入の際などに使われる運搬資材を繰り返し使用するリユース(再使用)、廃棄物をほかの製品の原料として使用するリサイクル(再生)といった3Rを促進することは、資源循環型社会構築の基盤でもあります。

 「ゼロエミッション」を達成し、廃棄物の削減だけではなくCO2の排出量を低減し地球温暖化を抑制するためにも、企業の皆様方には、日ごろからの御協力をいただきますよう宜しくお願い申しあげます。

このページの先頭へ